経理事務アウトソーシング業務

sample01

エースタッフの事務代行

経理作業は、企業業績を把握する上で、もっとも重要な作業です。

預金や給与の内容を、他人である従業員に公開するのは、抵抗があるものです。

そんなことから、奥様が経理や給与計算を行っている企業も多くあります。

しかし、事業承継の際に、経理作業を、誰に引継ぎ、経理担当者を育成し、円滑な作業を継続していくかが、
企業の大きな問題となっています。

 

エースタッフではこのようなお悩みを持つ企業経営者からのニーズに応えます。

 

経理作業の代行、給与計算、試算表、決算書の作成、財務分析、経営助言、事務改善提案等々、
経営者の要望に合わせてオーダーメイドで経理総務のお手伝いをしています。

 

経理の基本的作業

経理作業は、概ね下記の作業で完結します。
作業が多岐に渡り、作業量も多く、専門性が求められます。

 

  •  現預金出納
  •  売掛金管理業務(売上、請求、入金、未収金管理)
  •  買掛金管理業務(仕入、支払予定、支払、未払金管理)
  •  給与計算
  •  月次決算業務(試算表確定業務)

 

 

現預金出納帳

 

経理作業の中心は、お金の流れを捉えることです。
現預金の出納帳が出来上がれば、経理作業の8割が完了したと言っても過言ではありません。

 

出納事務の作業の流れ

 

作業として、大変煩わしい出納帳記帳をエースタッフが担当します。経理担当者は、現金の管理と残高確認だけの作業となり、負担が大幅に軽減されます。

 

売掛金管理

 

会社の業績把握と売上回収状況の把握のために、大変重要な作業です。エースタッフがコンピュータ入力によって記帳します。
経営者の要望する各種管理資料も提供します。

 

売掛金管理台帳の記帳の流れ

 

売上伝票から、顧客別に売上、売掛金を集計します。
売掛金集計システムの採用によって、顧客別の売上や回収状況をリアルタイムに把握できます。

 

買掛金管理

 

買掛金の管理は、原価管理や資金繰りのため大変重要です。会計システム連動で買掛金管理を行うことで、仕入管理や買掛金残高管理、支払額管理とスムースに連携します。

 

買掛金管理台帳の記帳の流れ

 

納品書、請求書から、仕入先別に仕入、買掛金を集計します。買掛金集計システムと会計システムの連動によって、仕入先別の仕入や支払予定、資金繰りをリアルタイムに把握できます。

 

 

経理作業の分担

入力事務や検算は、エースタッフで完結します。経理担当者は、基礎資料の整理と、出来上がった元帳、試算表の内容検討を行い、スムースかつタイムリーに財務情報を経営責任者に報告できます。

 

 

経営管理者のメリット

経理業務がスムースになることにより、試算表その他財務資料がタイムリーに確認できます。また、重要な経営判断資料の作成が可能になり、より積極的な経営指針を入手できます。

 

資金繰予定表

 

毎月の資金状況を把握し、
一年間の資金計画を確認します。

 

予算実績管理表

 

毎月の予算と実績を比較対象して、
経営計画の進捗状況を確認します。

 

過年度比較表

 

前期実績、予算、当期実績を
わかりやすくグラフ化して確認します。

 

 

エースタッフ利用のメリット

  •  タイムリーかつスムースな経理作業が可能になります。
  •  経理担当者の負担が大幅に軽減されます。
  •  社内の一般事務員に財務内容を公開せず作業ができます。
  •  経理事務作業を把握し、次の経理責任者に引き継ぐことができます。
  •  経営責任者が欲しい財務資料を作成します。
  •  資金繰表や経営予算作成、予算実績管理など経営管理ができます。